著しい剛毛ならレーザー脱毛で

ここではレーザー脱毛する際のメリットやデメリットを紹介しています。

レーザー脱毛のメリット

レーザー脱毛とは、一本一本の毛根を強いレーザーで焼き付ける脱毛法です。皮膚科などの医療機関で行われます。なお、サロンなどにおける光脱毛と混同される人がいるので注意して下さい。以下、レーザー脱毛のメリットを紹介します。

  • 医療機関なので安心
    施術をするのが、医師や他の医療従事者なので安心できます。また、肌のトラブルがあった時でも、薬を処方してくれるなどの措置が行われる点も安心です。
  • 永久脱毛効果が期待できる
    レーザーの出力が強いため、脱毛効果は非常に高いと言われます。そのため通院回数も6回から10回程度と、少な目で済みます。
  • 麻酔を施してもらえる
    レーザー脱毛は「激痛」と言われます。しかし施術するのは医療機関なので、本人の希望さえあれば、適切な麻酔が施されます。

レーザー脱毛のデメリット

  • 料金が高め
    サロンで一般的に行われる光脱毛(フラッシュ脱毛)に比べると、料金は数倍になります。また医療機関とは言え、保険適用外の処置になりますので、費用は全額個人負担となります。中にはローンを組んでいる人もいるほど。
  • 痛い
    レーザー出力が強いため、かなりの痛みがあると言われます。よく例で挙げられるのは、「輪ゴムを10本まとめて弾かれた痛み」。そのため麻酔を希望する人もしばしば。
  • 施術する人に技量の差がある
    脱毛は医療機関の本来の仕事とは異なります。脱毛専門のクリニックで、なおかつ経験豊富な医療従事者に施術してもらわないと、期待通りの結果が得られないこともあります。

必要性のある人はレーザー脱毛を

レーザー脱毛は、非常に脱毛効果が高いと言えるでしょう。特に、毛の濃い部分の脱毛には著しい効果を発揮します。脱毛コースが終了したのち、年に1回程度のカウンセリングや施術等を厭わなければ、実質的には永久脱毛ができます。ただし、そこまで強力なレーザーが必要なムダ毛があるかどうかは、よく検討してみましょう。
レーザー脱毛は男性の青髭脱毛に、よく使われます。それだけ強い照射です。医療機関という安心感はありますが、通常の女性の体毛や産毛であれば、サロンの光脱毛なども含めて広く検討したほうが良いでしょう。