脱毛で失敗しないために

自己処理脱毛のリスク

鏡 ムダ毛で悩んでいる方のほとんどは、自己処理での脱毛を行なったことがあると思います。しかし、この自己処理によってお肌を傷つけたり、お肌のトラブルを招いてしまうこともあります。たとえば、カミソリや毛抜きなどによる自己処理は、肌の色素沈着の原因にもなります。

カミソリや毛抜きによって肌に負担をかけたり、肌の摩擦が起こることで、肌が黒ずみ、色素沈着を起こすことがあります。また、毛抜きによる自己処理の場合、無理に抜いて出血したり、皮膚の下に毛が埋まったまま生えてしまう「埋没毛」を作ってしまうこともあります。埋没毛があると剃っても毛が生えているように見えてしまうので、せっかく脱毛してもきれいに見えません。

さらに、毛抜きによる処理によって、毛穴が開いたままの状態になり、そこにばい菌が入ってしまうこともあります。炎症を起こしたり、膿ができてしまうというケースもあるようです。

手軽で痛みの少ない除毛クリームも要注意。除毛クリームの多くは、アルカリ性物質に弱い毛の性質を利用し、強めのアルカリ性薬品を使用しています。つまり皮膚に刺激が加わることになり、肌が弱い方は肌荒れやかぶれ、アレルギー症状を引き起こしてしまうケースがあります。また、毛穴の内部に浸透する製品の場合は、まれにですがホルモン物質の分泌サイクルに影響を与えてしまうことがあり、除毛クリームを生理中や生理前に使用すると、月経サイクルの乱れや体調が悪くなる場合もあるのです。

ムダ毛に関しての悩みはこれからも長年付き合っていく問題ですので、なるべく自己処理はやめ、プロによる脱毛を検討するほうが良いでしょう。

エステ脱毛のメリットと注意点

自己処理脱毛のリスクを避けるには、エステ脱毛がおすすめです。
エステ脱毛には、次のメリットが挙げられます。

    • 自己処理より肌へのダメージを最小限に抑えることができる
    • 自己処理よりきれいに脱毛することができる
    • 自己処理が難しい背中やデリケートゾーンの脱毛も可能
    • 自己処理の手間が省ける

サロンで脱毛する場合、脱毛の前にパッチテストなどを行ない、その人に肌に合った脱毛方法を提案してくれます。
しかし、とくに肌が弱い人は、施術前のカウンセリングのときにきちんと伝えておくようにしましょう。
肌が乾燥していると、施術時の肌の負担が大きくなります。保湿を十分にして、乾燥を防ぎましょう。

また、光脱毛の場合は黒い部分に反応するため、日焼けをしてしまうとその分肌に負担がかかってしまうので、なるべく紫外線を浴びないように注意しましょう。
エステ脱毛は、毛周期に合わせて脱毛を行なうため、その周期を乱さないためにも、毛抜きや脱毛器による自己処理はやめるようにします。
また、脱毛期間中の肌はデリケートなので、できれば温泉やプールなども避けたほうが良いでしょう。

エステ脱毛での失敗を避けるために

エステ脱毛は施術者の腕によっても仕上がりに差が出るとされています。とくに針脱毛は、痛みや時間も施術者によって大きな差が出ると言われています。また、1度で終わる脱毛はほとんどなく、通常は数回お店に通うことになりますから、いつでも気持ちよく通うには担当者との相性も大事。
そのため担当者と相性が合わなかったり、技術的な面で疑問を感じた場合、担当者を変えてもらうということも可能です。
その場合、どういう点が合わなかったのかを責任者に具体的に説明すると、店側も対応しやすくなります。その際、率直に伝えることは大切ですが、施術者を否定したり、単なる悪口にならないように伝えることも意識しましょう。感じのいいお客さんにはついつい良いサービスをしたくなるのはどこのサロンでも同じです。『面倒な客だ』と思われてしまうことはやはりソンです。良い担当者がいたなら、次からも指名すると、指名された施術者も嬉しいはず。同時に、「期待を裏切らないようにしよう!」と頑張ってくれるでしょう。施術者と良い関係を築くことで、より丁寧に施術をしてもらえることもあるはずです。

また、サロンの予約が思うように取れず、脱毛がうまくいかないというケースもあります。
そうしたトラブルを避けるために、施術終了時に次回の予約を入れたり、本店やターミナル駅の店舗を避けるという方法があります。
あるいは、最低1カ月前には予約を入れたり、月の前半や平日の日中に予約を入れるようにするとスムーズに通えることが多いようです。

広島の脱毛エステサロン おすすめランキング