脱毛周期のメカニズム

毛周期と毛が生え変わるメカニズムは、脱毛をするにあたって重要な知識です。
ここでは毛周期と脱毛の関係性を説明します。

脱毛をする前に知っておきたい毛が生え変わるメカニズムと毛周期

本来、体毛は体温を保つ機能の他、大切な部分を保護するために存在する役割を担っています。しかし現代では服を着ているため、体毛は本来の役割を果たすことはありません。見た目を美しくするためにはムダ毛は敵でしかないのです。

脱毛をするにあたって、毛が生え変わる周期やメカニズムを、理解することが重要です。
体毛は常に1本の毛だけが、伸び続けているわけではありません。ある一定期間成長を続けた後は、しばらくすると成長が止まり、古い毛は抜け落ちて、また新しい毛に生え変わるという毛周期が常に起こっています。脱毛をより効果的に実感するためには、身体ごとの部位の毛周期に合わせて脱毛を行うのが理想です。
毛周期は毛が成長してる途中の成長期、毛の成長が止まる退行期、毛が自然に抜け落ちる休止期の3つサイクルで成り立っています。
成長期の時にムダ毛を自分で抜いたとしても、皮膚の下に潜んでいる新しい毛がすぐに生えてきてしまいます。

なぜ脱毛サロンは何度も通うのか

セルフケアでは肌が傷ついたり、毛が埋没してしまう可能性があるので、脱毛サロンに通うのがおすすめです。
永久脱毛と聞くと、一発で一生毛が生えない印象を受ける方もいると思いますが、脱毛サロンの施術の効果は、成長期の毛のみに反応します。
つまり、一般的な毛周期のサイクルが約3ヶ月なので、それに合わせてサロンに通う必要があります。
毛周期には個人差があるので、多少のずれがありますが、通い続けると確実に効果が実感できます。
何よりも通いやすいサロンを選ぶことが最も重要といえるでしょう。
通うのが面倒くさくなり、放っておいたりしてしまうと、せっかく細くなった毛がまた生えてきてしまいます。
通いやすく自分に合った脱毛サロンを、インターネットの口コミで探すのもおすすめです。