エステの勧誘対処法

勧誘を上手に断る方法

鏡 エステサロンにまつわるトラブルで非常に多いのが、強引な勧誘に遭い、望んでいないコースを契約させられたり、高額な商品を購入してしまうというものです。
中には、格安の体験キャンペーンにつられて気軽に来店したら、そこから半日以上も勧誘と契約を迫られた!といった恐ろしい体験をした人も…。
しかしながら良心的なサロンでも、お客さんのためを思った多少の勧誘(おすすめ)はつきものなので、絶対に勧誘されないサロンを探すのはちょっと難しいかもしれません。
ここでは、強引な勧誘に負けて後悔したり、契約トラブルに巻き込まれないようにするための、エステの勧誘の対処法についてご紹介します。

その場で即決しない

「いま、申込みをすると入会金が無料になる」「今日、申込みをするとこうした特典がある」という言葉を聞くと、ついその場で契約をしてしまいそうになりますが、それも勧誘のひとつの手段です。
「一度、家に帰ってゆっくり考えたい」「夫や家族と相談してから決めたい」ということを伝えて、その場で決断することは避けるようにしましょう。

お金を理由に断る

単に、お金がないことだけを理由にすると、ローンを組むことを勧めてくるサロンもあります。
そのため、結婚している人であれば夫の、未婚の人であれば家族の承諾なしに、自由に使えるお金がないということを伝えると断りやすくなります。

事前にけん制しておく

勧誘がはじまってから断る自信のない人は、体験コースやカウンセリングが始まる前に、「体験後に予定が入っている」「以前、訪れたサロンでしつこい勧誘に遭って嫌な思いをした」ということを伝えておくのもいいかもしれません。
体験コース終了後、話が長くなりそうなら「予定があるので」と断りやすくなります。
または、あらかじめ、携帯のアラームをセットしておいて、急な予定が入ったフリをして切り抜けるという方法もあります。

ほかのサロンと比べたいと伝える

「ほかのサロンの体験コースも申し込んでいるため、比較してから検討したい」ということを伝えれば、その場での勧誘は回避することができます。
しかし後日、電話などであらためて勧誘されることもあるので、その際に不必要だと感じているのならきっぱり断れるようにしておきましょう。

安い価格で体験コースを受けていると、サロンに対して申し訳ない気持ちが生じてしまうということもあるようですが、そのように感じる必要はありません。
きっぱりと断る自信のない人は、夫や家族を言い訳にして断ってもいいと思います。必要のないものは購入しないよう、強い意思を持って臨む姿勢が大切です。

エステとクーリングオフ

基本的に、自分でサロンに行って、エステの期間が1カ月を超えず、金額が5万円を超えないものの場合、クーリングオフをすることはできません。
しかし、以下の場合、エステでもクーリングオフをすることが可能です。

    • キャッチセールス…街中で声をかけられて契約した場合
    • 電話勧誘販売…電話で勧誘されて契約した場合
    • 訪問販売…電話などで呼び出されて契約した場合
    • 特定継続的役務提供…エステ期間が1カ月を超え、金額が5万を超える契約の場合

クーリングオフをしたいけれど、自分のケースが該当するかわからないときなどは、消費者センターなどで相談してみるといいでしょう。
ただ、あとからクーリングオフするのも手間がかかることですので、契約時にしっかりと内容を確認し、不明な点はその場で必ず全て解消しましょう。その場で迷いを感じる場合は無理やり即決するよりも、1日寝かせてじっくり考えてみることも大切です。

広島の脱毛エステサロン おすすめランキング